CAN-FDドライバボード

特徴

  • CAN-FDドライバボード

MCU/SoC汎用ボードのCANトランシーバに依存することなく安定した伝送路でドライバソフトの先行開発を可能にします

  • 容易なソフト開発
    • 疑似バスエラーを発生可能
    • 多数のプロービングポイント
    • バスモニタ可能な分岐ハーネス
    • CANデバッグツールを制御可能
  • 各種電源トレラント
    • 汎用ボード側 3.3/5V に対応
    • GPIO側 MAX 12V に対応
  • 省スペース
    • 基板Size:100 × 100mm
    • 12V出力を使って2台目以降のACアダプタを省略可能(ボード間ケーブルはオプション)
  • 安全な接続
    • 誤挿入防止ラベル付きハーネス
    • ロック付き電源ハーネス

※本製品は先行開発環境でのご使用を想定しており、量産製品への採用はご遠慮ください。

本製品に関するご購入もしくは技術的なお問い合わせは下記のお問い合わせフォームからお願い致します。

仕様

項目仕様
CANトランシーバ TJA1044VT ×2ch
故障注入 強制レセッシブ固着機能 ×2ch
RXD 強制Low固着機能 ×2ch
GPIO Input ×2ch 12V I/F対応
Output ×2ch 12V I/F対応
サイズ 100 × 100mm(基板)
入力電源 +12V(付属ACアダプタ)
使用温度範囲 0℃ ~ +60℃

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
オリジナル製品に関するお問い合わせ