トップメッセージ

オンリーワンの萩原イズムで
お客さまのベストプラクティスに応えます

萩原電気グループは、創業当時からの経営理念である「創造と挑戦」を続けることで、ワンストップソリューション・グローバルサプライヤーとして、エレクトロニクスソリューション領域に貢献しています。

会社を支えるのは、車載用を中心とした半導体や電子部品を販売する機能と、ITやFA、IoTのソリューションを提案する機能、そして技術支援とサービスのグローバル展開。それらは、お客さまのニーズに応えるため、最先端技術に挑戦し続けた先人たちの苦心と努力の結晶です。

追い求めたのは、海外で言うトレーディングカンパニーやディストリビューターでもなければ、レップでもありません。
お客さまの領域の深層部までを理解した上で、最適な商材を提供したり、インテグレーションしたりする。時には、お客さまの開発スタッフと机を並べたり、お客さまの要望をメーカーに橋渡ししたりする。
それは技術商社である当社ならではの機能であり、それによって商材にも技術にも新たな付加価値を加えることができます。手前味噌になりますが…国内を牽引する産業界より「余人をもって代え難い」とのお言葉をいただくまでになりました。

今後は、不連続のイノベーションにより、想像だにしなかった領域のプレーヤーが競争相手となり、あるいはパートナーとなる時代がやってきます。
すでに自動車メーカーの競争相手として、電機メーカーやテクノロジー企業など他業種が台頭しつつある。それは自動車業界に限ったことではなく、どの産業にも起こりうることだと感じています。つまり、これまでの成功体験がシームレスにビジネスにつながるわけではないのです。

そのように変化の激しい環境の中、それぞれの領域で最適な判断とサービスを提供し、フレキシブルな成長を実現するため、2018年4月に持株会社体制に移行。萩原電気ホールディングス株式会社のもとに、萩原エレクトロニクス株式会社と萩原テクノソリューションズ株式会社の2つの事業会社を設置いたしました。

萩原エレクトロニクスは、クルマ社会の変革期を支えながら常に新しい領域を追求すること。
萩原テクノソリューションズは、ファクトリーIoTでトレーサビリティを実現し、より効率的なモノづくりの現場に貢献することが使命です。

そして萩原電気ホールディングスの最大のミッションは、ガバナンスを効かして各事業会社を統治すること。各事業会社ではできない横断的な新領域において次世代の事業を育てることもミッションの一つです。将来的には、10年先を見据えた計画を模索し、カタチになったところで新たなグループ事業会社を設立―。夢は大きく膨らみます。

現場への権限委譲と意思決定のスピード化で、お客さまのベストプラクティスに今まで以上に貢献できると信じています。
一方で、少々昔気質ではありますが「一度いただいたご縁に報いるべく、限界まで努力してお客さまを支え続ける」気概を忘れることは決してございません。
中部圏から世界に羽ばたく、萩原電気グループに今後もご期待ください。

代表取締役社長

岩井 三津雄

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
その他一般のお問い合わせ