文字の大きさ
標準
大きく

萩原電気株式会社

  • 3事業と技術センター
  • 企業情報
  • IR情報
  • ニュース
  • CSR・ISO
  • 採用情報

社員紹介

熱い思いとこだわりで、世の中を支える自社ブランドの産業用コンピュータ開発に挑む。-【 業用コンピュータの設計開発】藤井 貴志

仕事の内容や役割は?

CPUボードのソフトウェア部分の設計開発を担当しています。

私たちの部署では、自社ブランドの産業用コンピュータHPUの企画開発を行っています。HPUは、マザーボードやCPUボードとも呼ばれ、いわゆるパソコンの頭脳部分にあたります。主に産業用途で使用され、工場をはじめ、自動改札機やATMでも使われています。皆さんが直に目にすることは少ないですが、私たちの生活を支える様々なところで使われています。

私はHPUの開発の中でも、主にソフトウェア部分の設計開発を担当しています。製品に要求される仕様から、ハードウェアの動きを考え、それにあわせたBIOS、カスタムOSを開発します。

この部品を動かすには、BIOSのどの部分に何を書けばいいのか、この機能を動かすにはOSに何を入れればいいのか、データシート、本、インターネット等で調べ、考えながら設計しています。日々わからないことに直面し頭を悩ませていますが、常に新しいものに触れることができ、自分が成長しているのを感じられる仕事です!

仕事のやりがいや苦労、印象に残っていることは?

苦労して作り上げたソフトウェアがうまく動いたとき、技術者の醍醐味を実感します。

ソフトウェアの設計においては、「わからないことや予期せぬ動作に対し、パズルを解いていくように問題の本質を突き止め、解決策を見つけていく」というプロセスに面白さを感じています。苦労して作り上げたソフトウェアがうまく動いたときは、まさに技術者の醍醐味が味わえる瞬間です。

また、入社二年目に検査用のOSを作っていたときにこんなことがありました。設計自体は簡単な仕事でしたが、その中でほんの少し工夫をしました。そのOSを自動で書き込めるようにして、検査担当者が見やすいように表示されるウィンドウの位置を調整したのです。完成後、検査担当者の方から「とてもやりやすくなって、助かった」と直々に電話をいただきました。使う人の目線で設計することの大切さに気付かされる価値ある一件でした。

またこれは私の先輩が受け取ったものですが、とある取引先から「御社のPCは本日現在トラブルがゼロで、私が知る限り世界一だと思います。弊社の世界一の装置に最もふさわしいです。」というメールをいただいたことがあります。自分が直接関わった部分はわずかですが、自分の携わる製品に誇りを持つことができましたし、とてもうれしかったですね。

今後のキャリアにおいて取り組みたいことは?

開発をコーディネートできる技術者になりたい!

私はまだ自分の担当領域(ソフトウェア開発)で手一杯ですが、将来的にはCPUの開発全体を見渡し、開発をコーディネートできる技術者になりたいですね。ソフトウェア・ハードウェア両方に精通し、お客さまとの人間関係構築、社内外のリソースの把握と最適な配置など幅広く行っている私の上司が、今の目標です。

そのためにも、今はまず、ソフトウェアの知識を深め、一人前のソフトウェア担当者と言われるように知識を深めたいです。

萩原電気の社風をアピール!

モノづくりへのこだわりに溢れたエンジニア集団です。

チームの連携、一体感がとても強いと思います。開発において問題が起こると、グループをまたいで問題解決に向け協力しあうなど、グループ間の垣根が低いのも特徴です。

また、「モノづくりに対する強いこだわり」が感じられる職場だと思います。製品のこととなると、一切妥協はなく、いかんなくエンジニアとしてのこだわりをぶつけあっています。最高の製品を作りたい!という志に向かって互いに協力し挑戦しあえる、最高のチームです。

プロフィール

藤井 貴志2012年工学研究科応用情報学専攻修了

趣味はゲームで、最近やる時間が減ってきましたがまだまだ現役です。休日には、我が家に学生時代からの友人が集まりゲームをしたり、思い立って旅行に出かけたりしています。周りからは「大学生のノリだな」と言われますが、私をリフレッシュしてくれる貴重な時間です。

「社員紹介」へ戻る

ページの先頭へ