文字の大きさ
標準
大きく

萩原電気株式会社

  • 3事業と技術センター
  • 企業情報
  • IR情報
  • ニュース
  • CSR・ISO
  • 採用情報

社員紹介

一つとして同じ仕様のない設計。だからこそのやりがいがあります。【車載マイコン関連開発 渋谷 茂史】

仕事の内容や役割は?

自動車に関わるハードウェアの設計開発を行っています

主に自動車部品メーカー向けに、LSI・ゲートアレイ・FPGAなどハードウェアの設計開発を行っています。LSIの設計にはVerilog、VHDLといったハードウェア記述言語を用います。設計開発したハードウェアは、自動車に搭載されたり、モノづくりの現場で研究用の装置として使われたり、FA機器の制御に使われたりと、様々な場面に使われています。

近年は、主に研究用の装置などとして使われるボードの設計にも携わっています。仕事の流れとしては、まずお客さまと打ち合わせを行い、要求する仕様をまとめていきます。回路の設計や定数の設定を行う回路図の作成や、部品の配置配線を行うアートワークの作成については、協力会社の方々と相談しながら、当社が持っているノウハウをフルに活用し進めていきます。パソコンでの作業がメインとなりますが、ハードウェアを直接さわることも多く、モノづくりの醍醐味に触れることができる仕事です。

仕事のやりがいや苦労、印象に残っていることは?

頭を悩ませながら設計する面白さと苦労

私たちがお客さまから依頼されるハードウェア設計は、一つとして「全く同じ仕様」での設計はありません。毎回違った仕様に頭を悩ませながら「いかにいいものを作るか?」と考えます。これが面白い点でもあり、同時に苦労する点でもあります。ボード設計については最終的な完成品が形として見えるので、素直に動けば嬉しいし、動かなければ苦労するしと、一喜一憂していますが、お客さまに納得してもらえる仕上がりができたときの達成感は大きいです。

印象に残っている仕事は、初めての大仕事で大失敗したことですね。
このとき、私はゲートアレイの検証を任されていました。検証作業としては、過去の検証内容を引き継ぎ、仕様の変更点に合わせて新しい検証を追加するといった内容でした。作業は多かったですが無事終わり、ホッとしたのも束の間。お客さまから、動作がおかしいと連絡がありました。バグがあったのです。過去の検証内容の引き継ぎ時に漏れていた内容があり、そこにバグが潜んでいました。お客さまに迷惑をかけてしまいましたが、しっかりと先輩方にフォローいただき、修正したゲートアレイは今日でもバグの報告も無く、無事に動いています。この失敗から多くのことを学びました。何よりも失敗を失敗で終わらせない姿勢を早い頃に学ぶことができたのは大きな収穫でした。今でもバグ発覚後の社内打ち合わせの場の空気、参加者の表情、自分の心情をはっきりと覚えています(苦笑)

今後のキャリアにおいて取り組みたいことは?

新しい分野のパイオニアとして日々挑戦しています

私たちのグループでは、これまでのデバイス単体を扱うビジネスから、複数のデバイスが組み合わさったボード(モジュール)の開発ビジネスへのシフトを行っています。ボードの開発では、インターフェイスやデバイス間の連携など、デバイス単体の開発より幅広く、複雑な技術が求められます。こうした新しい技術を、開発の経験を通じて一つひとつ取得し、技術者として付加価値を高められるようにすることが今の目標です。

当社として新しい取り組みであり、自力で問題解決しなければならない場面も多く、簡単ではありませんが、新しい分野のパイオニアとして、日々挑戦していきたいですね。

萩原電気の社風をアピール!

結束の強さには、自信があります

旅行、釣り、ゴルフ、ツーリング、野球、カラオケ、スノーボード、など社員同士が社外でも一緒に遊ぶことが多いですね。そうした仕事外の活動で培ったチームワークが、仕事にもうまく活かされていると感じます。仕事の仲間は家族同然…とまではいかないかもしれませんが、結束が強いのは間違いないと思います。

プロフィール

渋谷 茂史2007年工学部電子工学科卒

趣味は、ディズニーリゾートへ遊びに行くこと&その計画を立てること。パリ、カルフォルニア、香港と世界に散らばるディズニーリゾートの制覇が、今後の目標です(笑)

「社員紹介」へ戻る

ページの先頭へ