1996年のシンガポール現地法人設立以来、着実に海外展開を進めてきました。
2013年にはドイツ、2014年にはタイに子会社を設立し、日本・アジア・米国・欧州の世界4極に拠点を構えることができました。電子デバイス事業を中心に、グローバルなニーズに対応しています。
今後は、よりお客さまの要求に応えることができるよう、各拠点にFAEを整備するなどして、技術サポート力を充実させていきます。

仕事内容

海外拠点は本社からの出向者1名と現地採用の方数名が働くオフィスが大半です。
そのため、海外出向者は現地の責任者として、顧客交渉や顧客サポートはもちろんのこと、組織管理や財務管理などのマネジメントにも携わっています。また、習慣や国民性なども日本と大きく異なるため、生活面でも刺激がたくさんあります。
異文化の中で、責任が重く、幅広い仕事や日々の生活を通じ、自分自身を成長させられることが海外勤務の大きな魅力です。

人材育成方法

海外赴任者向け研修

今後の海外展開の拡大、拡充に対応するため、若手社員を対象に英会話能力や異文化対応力を国内研修で身に付け、基準をクリアした社員には海外拠点での3ヶ月間のOJT研修を行っています。海外では仕事だけでなく生活面の体験も重視したOJTを行います。

具体的にはホテルではなくアパートでひとり暮らしをすることで、銀行やガソリンスタンドのインフラの使用方法、スーパーやショッピングモールなどでの買物を通じて知る物価や商習慣など、実際に生活することでできる体験や苦労をしてもらいます。会社関係者だけでなく、地域の方々とのコミュニケーションの機会が多くなります。