2018年2月21日~2018年2月23日開催 ソリューション事業 開発生産事業

『第2回【関西】組込みシステム開発技術展』出展のご案内


萩原電気はこの度、Japan IT Week【関西】内「第2回【関西】組込みシステム開発技術展」に出展する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
今回の展示では、自社製品・ソリューションである「生産現場向けIoTソリューション」、「産業用プラットフォーム」に加え、パートナー各社の最新製品・ソリューションについてデモンストレーションを交えてご紹介をいたします。
ご多忙中とは存じますが、是非ご来場賜り弊社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

展示会名第2回【関西】組込みシステム開発技術展
会期2018年2月21日(水)~23日(金)
時間10:00~18:00(23日のみ17:00終了)
会場インテックス大阪 6号館D
「コスモスクエア」 下車 徒歩約9分
「トレードセンター前」下車 徒歩約8分
「中ふ頭」下車 徒歩約5分
小間番号5-18
入場料無料(招待券が必要になります。こちらより御申込ください。)
主催リード エグジビション ジャパン株式会社

弊社出展ブース位置


出展内容(展示内容は変更する場合がございますのでご了承ください)
【新製品】工場内脅威の可視化ソリューション「In-Line Security Monitor」
トレンドマイクロ株式会社、アラクサラネットワークス株式会社と共同開発した工場内脅威の可視化ソリューションです。IoTによる『つながる工場』の普及に伴い拡大している、サイバー攻撃や偶発的なウイルス感染等による工場の稼働停止リスクを見える化し、被害を最小限に抑えることが可能です。
◆自社製産業用プラットフォーム「HRX1000シリーズ」「HPU A100ECシリーズ」
自社製の高信頼性産業用プラットフォームです。HMI向けリファレンスボード「HRX1000シリーズ」は、Linuxの超高速起動を実現し、リアルタイム制御・計測が可能です。IoTゲートウェイ端末「HPU A100EC」は、IoTセンサーデバイスからの膨大なデータを安全に収集・保存することが可能です。IoTでのデータ処理から機械制御まで、幅広い対応が可能です。
◆パートナー各社 組込み製品・ソリューション
セキュリティ用液晶モニター(EIZO株式会社)、超小型モータコントローラ(株式会社エデックリンセイシステム)、プログラマブルIoTゲートウェイ(サイレックス・テクノロジー株式会社)、セキュリティ用コントローラ(ジーエルソリューションズ株式会社)、堅牢タブレット(ハギワラソリューションズ株式会社)等、最新の組込み製品・ソリューションをご紹介いたします。

『第2回【関西】組込みシステム開発技術展』出展のお知らせPDF:576KB


弊社出展ブース位置PDF:434KB

また、同時開催展「第2回【関西】IoT/M2M展」におきましても、弊社パートナー企業のブースにて製品を出展いたします。
是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。

展示会名第2回【関西】IoT/M2M展
企業名リネオソリューションズ株式会社
小間番号7-21
入場料無料(第2回【関西】組込みシステム開発技術展の招待券でご入場が可能です。)
主催リード エグジビション ジャパン株式会社
出展内容◆Linuxの超高速起動ソリューション"Warp"対応のリファレンスボード
 「HRX1000シリーズ」

(出展内容の詳細はこちら