2017年5月10日~2017年5月12日開催 ソリューション事業 開発生産事業 技術センター

『第6回 IoT/M2M展【春】』出展のご案内


この度、萩原電気では「第6回 IoT/M2M展【春】」に出展する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。
弊社は、デバイスからシステムまでお客様に対してベストプラクティスを提供する「先進エレクトロニクスのワンストップソリューション・グローバルサプライヤー」として活動フィールドを拡大して参りました。
今回の展示では、「生産現場向けIoTソリューション」、自社製品・ソリューションである「産業用コンピュータ」、IoT/M2Mをキーワードとした車載関連の最新ソリューションを、デモンストレーションを交えてご紹介をいたします。
ご多忙中とは存じますが、是非ご来場賜り弊社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

展示会名第6回 IoT/M2M展【春】
会期2017年5月10日(水)~12日(金)
時間10:00~18:00(12日のみ17:00終了)
会場東京ビッグサイト 西展示棟 4F
りんかい線 「国際展示場」駅下車 徒歩約7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
小間番号西14-73
入場料無料(招待券が必要になります。)
主催リード エグジビション ジャパン株式会社

弊社出展ブース位置


出展概要◆Hagiwara IoT One Solution
「Hagiwara IoT One Solution」は、生産現場のスマート化・可視化を行い、生産性の向上を実現するソリューションの総称です。本展示会では、「Hagiwara IoT One Solution」の一環として、3種類の目的別ソリューション(インラインIoTモニター、インダストリーIoTモニター、プロダクトIoTモニター)により、多種多様なプロトコルに対応した生産設備情報の見える化を実現した “IoTプラットフォーム”と、ホワイトリストスイッチによる生産現場のセキュリティ対策をご紹介いたします。
◆【新製品】IoTプラットフォーム 「HRX1000シリーズ」「HPU B100シリーズ」
IoTセンサーデバイスからの膨大なデータを安全に収集・保存するプラットフォームに最適な自社製産業用コンピュータです。本展示会では、IoTでのデータ処理から機械制御まで幅広く対応可能な新製品ラインアップをご紹介いたします。
◆産業車両向け画像処理システム(参考出展)
産業用コンピュータに画像処理技術を搭載した、産業車両向け画像処理システムです。産業用コンピュータ・カメラ・カメラ入力ボードといったハードウェアに、マルチビューシステム・パノラマ展開・視点変換等の当社画像処理技術を、アプリケーションとして搭載することが可能です。本展示会では、自社製産業用コンピュータ「HPU9100」にマルチビューシステムを搭載したデモンストレーションをご紹介いたします。
◆電子ミラー応用技術のR-Car実装例(ブラインドレスビュー・接近物検知)(参考出展)
車体の複数の箇所に設置したカメラで撮影した視野やサイズの異なる画像を、死角の無い1つの画像のように美しい合成を実現いたします。また、画像認識により接近物を検知し警告を発することで周辺の安全性を高めます。本展示会ではルネサス エレクトロニクス製マイコン「R-Car V2H」に実装したデモンストレーションをご紹介いたします。
◆単眼カメラによる障害物検知アルゴリズム(参考出展)
駐車支援システムの後方障害物検知として一般的な超音波センサーを、単眼カメラに置き換えることにより低価格なシステムを実現いたします。フォークリフトや建機等での低速領域において、一定範囲内の障害物を検知いたします。本展示会では、障害物検知技術を動画にてご紹介いたします。
◆視線・瞼開度検知技術(参考出展)
ドライバーの状態を常にモニタリングし、運転の準備が出来ているかどうかを判断するドライバーステータスモニター技術は、自動運転システムに必要不可欠な技術です。本展示会では、その技術として、カメラを使用した視線検知や瞼開度検知技術をご紹介いたします。

第6回 IoT/M2M展【春】出展のお知らせPDF:155KB


弊社出展ブース位置PDF:227KB