ソリューション事業

メガネのように装着するコンピュータが、
ハンズフリー・ペーパーレスの快適な現場作業を実現。

世界中で相次いで発売されている、最新鋭のウェアラブルコンピュータ「スマートグラス」。このハードウェアを活用して当社が開発したのが、物流業や製造業、フィールドエンジニアリングなどの現場に向けた作業支援システムです。萩原電気が得意とするアプリケーション開発・画像認識の技術を応用し、ハンズフリー・ペーパーレスを実現する次世代型ツールを、市場に先がけてご提案しています。

お客さまのご要望 - Customer’s Demand

「両手で作業しながら、マニュアルを閲覧できないか。現地の画像をリアルタイムで共有し、遠隔地からの指導もできるようにしたい。」

技術商社として多様な業種のお客さまにシステムをご提案する中で、萩原電気にはさまざまなご相談が寄せられています。
中でも多くの企業さまに共通するのが、「現場作業者の両手をフリーにして作業をしやすくしたい」「遠隔地でも映像などの情報をリアルタイムで共有したい」といったニーズでした。特に物流業、製造業、フィールドエンジニアリング部門を持つお客さまは、以下のような課題解決を必要としていました。

  • 物流業…ピッキングリストを確認しながら荷物を集める際、間違いや乱暴な扱いは許されないため、両手を使って正確に作業できるようハンズフリー化したい。また、必要な記録を簡単に残せるようにしたい。
  • 製造業…熟練者が新人に組み立て作業を指導する際、離れた場所にいても、手元を見ながら一つひとつ教えられるようにしたい。また、1人の熟練者が、同じ場所にいながら複数の新人を指導できるようにしたい。
  • フィールドエンジニアリング…機械の訪問修理やメンテナンスの際、マニュアルやPCを持参しなくてすむようにしたい。また、現場スタッフに判断できないことがある場合、映像や画像を撮影・送信して、社内にいる専門スタッフがリアルタイムで同じ情報を見ながら指示できるようにしたい。

こうしたニーズの高まりを受け、当社のパートナーメーカーが発売を決定したスマートグラスを利用したソリューションの開発に着手しました。



キーポイントとなるソリューション - Keys of the solution

1.お客さま業務の深い理解に基づいた機器選定とアプリケーション開発

  • 当社がこれまで豊富な業務系アプリケーション開発の実績によって培ってきた技術を活かし、アプリケーションを開発。マニュアル(静止画・動画)の表示や、スマートグラスに搭載されたカメラで撮影した画像をリアルタイムで共有し通話できるビデオ通話などの機能を開発しています。
  • お客さまの作業内容に応じた機能や使い心地を追求。たとえばスマートグラスが単眼タイプか両眼シースルータイプかによっても作業性は変わります。アプリケーションに求められる機能も、「より高度な画像認識をできるようにしたい」など、業務内容に応じて多様です。当社では、物流業や製造業のお客さまに情報端末や制御用コンピュータをご提案する中で、お客さまの業務に対する知見を蓄えてきました。その豊富な蓄積を活かして現場のニーズを明確にし、その企業さまの業務フローに最適な機能の開発を行っています。

2.車載技術との融合により、さらなる高機能化を図る

  • 近い将来には、萩原電気が車載分野で培ってきた画像認識技術や、位置情報を用いた管制システムを、スマートグラスによる作業支援システムに取り入れることも視野に入れています。スマートグラスを通して見ている実物の真上に映像で部品の組み付け位置を示したり、倉庫・工場内での移動先をナビゲーションするなど、可能性がさらに広がります。
  • 「技術商社」であり「メーカー」でもある萩原電気は、自社で保有する要素技術に加え、協力会社が持つ多様な技術を組み合わせた技術開発が可能。他社に真似のできない、独自のシステムをご提案できます。

ソリューションの効果 - Effects of the solution

業務効率化や作業者の負担軽減はもちろん、品質向上にも期待。

スマートグラスによる作業支援システムは、お客さまの課題に応じて、オーダーメイドでアプリケーションの開発を行います。細かい機能はお客さまごとに異なりますが、導入後は以下のような効果が見込めます。

  • 作業者の負担を軽減し、業務を効率化。静止画・動画マニュアルの閲覧機能により、分厚い紙のマニュアルやPCを持ち歩く必要や、欲しい情報を探し出すまでの時間、チェックリストの記入の手間が省けます。また、マニュアルを見るために目線を動かす距離も短縮され、作業性が格段に向上します。
  • 音声・映像を活用し、複数拠点の工場・現場スタッフに対してもリアルタイムの遠隔支援が可能に。これにより、「誰もが同じようにすべての作業を行える」作業者の技術内容の平準化や、技術レベル・品質の向上が期待できます。特に作業者が単独でお客さま先へ赴くフィールドエンジニアにとっては、安心感を得られる効果もあります。
  • 将来的にはAR(仮想現実)技術との融合により、現実のモノや場所に重ねて情報を表示することも可能。最新鋭技術による次世代型作業支援ソリューションが、現場作業に革新的な発展をもたらしてくれるでしょう。